読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりりん鹿児島

基本的に自転車トレーニングと覚え書きです(^-^;

HSR九州6時間耐久レポートその4 5時間~ゴール前スプリントまで

検索からダイレクトに飛ばれてきた方は、その1からどうぞ(・∀・)ノ

http://nk.hateblo.jp/entry/2013/12/09/211844

スタートから5時間が経過して、ついに6時間耐久も終盤となりました。

DMLい組(田さん→T山さん→小泉くん→N下くん→H田さん★いまココ→川原さん)

DMLろ組(廣岡さん→私→U元さん→サイトウ総監督→桑畑さん★いまココ→廣岡さんNew!

5時間に差し掛かった辺りで、DMLい組が団体1位DMLろ組が団体4位という事がわかりましたが、DMLろ組のほうは、団体3位に1Lap差ということも判明していました。

この時点で桑畑さんにそれを伝えることができたとしても、1Lap差し返すことは難しいかと考え、可能性のある川原さんのサポートを、廣岡さんにお願いしよう、という話になっていました。

f:id:k_ushiyama:20131211155640j:plain

まずはDMLい組のH田さんから、最終走者えびのチャンプ川原さんにバトンタッチ!

い組の皆さんはペースが安定していて、ピットの繋がりも良く、全体をみてもミスのない走りだった事が、最後までトップに残った一因だと思います。

f:id:k_ushiyama:20131211160155j:plain続いて、DMLろ組も桑畑さんから、再び第1走者の廣岡さんにバトンタッチ!

廣岡さんの実力と体力ならば、まだまだ最後までトップスピードで走ることができるはずです!

f:id:k_ushiyama:20131211160837j:plain

2人ともうまく第1集団に乗ることができたのですが、しばらく周回していると、先頭をほぼ2人ローテーで牽かされている状態になってしまいました。

集団の中にはソロの方も多かったので、集団後方はツキイチの方がほとんどだったようです。

f:id:k_ushiyama:20131211161623j:plain

このままだと脚を使わされるだけで、最後がやばいかもしれない…と、ピットでは心配の声が上がっているのですが、集団の皆さんが苦しそうに走っている中、川原さんは楽しく笑顔で走っております(^-^;

川原さんて、普段からこんな感じなんで、面白いんですよねえ…(;・∀・)

f:id:k_ushiyama:20131201153854j:plainとはいえ、このままでは2人一緒に潰されてしまうのは明かなので、「どうせ牽かされるなら2人で逃げろぉォォアァーーー!」とピットの表から裏から叫びまくるのですが、残念ながら廣岡さんにしか届いておりませんでした(´_`。)

後日忘年会で廣岡さんが、「ぼ、僕はちゃんと川原さんに言いましたよ…」と証言しておりました(^-^;

f:id:k_ushiyama:20131201155010j:plain廣岡さんがうまく川原さんをサポートしながら走るのですが、さすがに九州のトップ選手の集団の中では、そうやすやすと逃がしてもらえるはずもなく、膠着状態となります。

ピットではチーム全員がレーン脇に出てきて、固唾をのんで成りゆきを見守ります。

そして最後の3周ぐらいだったでしょうか、上の写真でピッタリ後ろについている団体2位のチームの方が、1人集団を抜けだしてピット交代を行います。

これは最後にスプリンターが出てくるな…と2階席からその様子を見ていたのは、何を隠そう私です(;´▽`A``

交代した選手も集団に合流し、大きな動きもないままタイムリミットの6時間が過ぎ、最終周のジャンが鳴ります!

ここまでくれば、もう川原さんと廣岡さんに、全てを委ねるしかありません(-人-;)タノンマスー!!

 

そして運命のファイナルラップを動画でどうぞ!

 感動のフィナーレ?その5に続きます⇒

http://nk.hateblo.jp/entry/2013/12/11/200141

広告を非表示にする