読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりりん鹿児島

基本的に自転車トレーニングと覚え書きです(^-^;

第4回照葉樹の森サイクルジャンボリー

レースイベント

2012年5月20日、昨年のリベンジを誓った、第4回照葉樹の森サイクルジャンボリーに参加しました。

 

f:id:k_ushiyama:20120520202418j:plain

天候はあいにくの雨。小雨どころではなく、けっこう本降りの冷たい雨が降り注ぎます。

雨宿りする場所もないので、開会式プログラムはざっくり進行(´・∀・`)

 

f:id:k_ushiyama:20120520202613j:plain

そんな雨の中、萌えメイドさん…ではなく、錦江クワガタガールズが花を添えます。

雨だからといって、会場に来られなかった方は残念でした(笑)

 

f:id:k_ushiyama:20120520202751j:plain

クワガタガールズも見ましたし、そろそろ帰ろうと思っていたのですが、なぜかスタート地点に並んでいました。゚(´つω・`。)゚。

ちなみにネタバレしますと、左のまどか☆マギカ痛ジャージの方が19歳以下優勝者です(^◇^;)

優勝するには、QBと契約するしかないのでしょうか…。

 

f:id:k_ushiyama:20120520203451j:plain

そんなわけで、大雨の中、あっという間に照葉樹の森ゴールです( ´ ▽ ` )ノ

 …って、あっという間のはずはないので、ログデータでレース内容を検証してみます。

 

f:id:k_ushiyama:20120520205251p:plain

体感的には、最初のゆるい平地でつっこみすぎてしまい、花瀬大橋以降の激坂では、足がほとんど残っておらず、後半がおろそかになってしまったと感じていました。

 

実際にグラフデータを確認してみますと、出力自体は、序盤にちょっと高めになっていますが、あとはおおよそ平均的になっています。

逆に、平地でFTPを維持せずに楽をしているのがグラフからわかるので、田代の平地区間は、もう少し出力を上乗せできたのではないかと思います。

 

私はヒルクライムがいちばんの苦手分野なので、ヒルクライム区間を克服するほうが、アベレージを上げるにはてっとり早いと考えていたのですが、このデータを見ると、平地もまだ改善の余地がありそうです。

 

走っている時は無我夢中なので、感覚的な事しか覚えていませんが、

データをとってグラフで見直すことで、レース中のいろいろな気づきを見つけることができます。

 

f:id:k_ushiyama:20120520210942p:plain

出力のほうも、レースペースのおかげで、普段の1割増しの最大出力が出ています。

これを見た感じですと、FTP値を225w×95%=214wぐらいに修正してもいいかもしれません。

 

f:id:k_ushiyama:20120520211213j:plain

検証が終わったところで、再びレポートに戻ります( ・∀・)ノ

照葉樹の森ゴールは極寒で、体感温度は一桁代でした。

雨に濡れているうえに、風も強く、体があっという間に冷えてしまいました。

下山中も容赦なく雨は降り続け、下りで体は冷え、手と足の感覚がなくなってしまうほどでした。

鹿屋体育大学の選手とオートバイの方に誘導されつつ、ゆっくり下山したおかげで、事故もなく一安心です(・∀・)

 

f:id:k_ushiyama:20120520215714j:plain

表彰式と閉会式は体育館で行われました。

吉本興業の芸人さん(名前忘れました、ごめんなさい)と、でんしろうくん、

そしてクワガタガールズが4人に増えていました。

 

f:id:k_ushiyama:20120520215844j:plain

来賓席にどかっと座っているでんしろうくんですが、表彰のたびに移動してたいへんそうでした(^◇^;)

 

f:id:k_ushiyama:20120520220004j:plain

EspoirAsiaからは、50歳代で、ヒルクライムの赤い彗星Tさんが見事入賞(≧▽≦)

田さんのほうから、同じ日に行われていた指宿トライアスロンで、

O島さんが優勝されたとの連絡が入り、チームメイトとして、とても嬉しく思いました。

自分が残念な結果でも、チームの方が入賞されると、「よし!オレも次は続こう!」って気合いが入りますよね。

そんな意味でも、チームというのは良いものだと思います。

 

f:id:k_ushiyama:20120520220546j:plain

昨年に引き続き、愛三レーシングの中島康晴選手がゲストにいらして下さいました!

サーティワンアイスクリームをかけて、子供たちとジャンケンをしています。

鹿児島は鹿屋体育大学があるおかげで、とても自転車に恵まれた環境にあると思います。

鹿児島でも、自転車を楽しむ方が、もっと増えてくれると嬉しいなと思います。

 

また、お昼ご飯は体育館で食べていたのですが、隣にいらっしゃった方が、

「かごしま再発見の旅へようこそ」のブログで有名な、Gonz@lesさんでした。

オートポリス耐久の記事を検索していて見つけたブログだったのですが、

こんなに早くご本人にお会いできるとは、ご縁としか思えませんでした(笑)

 

f:id:k_ushiyama:20120520221542j:plain

私のタイムは、1時間13分で22位と、昨年より4分縮まりましたが、目標の10分切りには届きませんでした。

今年は、1時間10分台の方が多かったので、雨の影響が大きかったのかと思います。

入賞は一切していませんが、頂き物は大漁(笑)

神川酒造様より、芋焼酎照葉樹

山内製菓様より、お菓子詰め合わせ

チェーンクリーナー、ふくろうのアクセサリー、ミニトマトなど、たくさん頂きました。

なんだかくじ運だけはめちゃめちゃ良かったみたいです( ´ ▽ ` )

 

これで今年の照葉樹の森サイクルジャンボリーは終了です。

自分の感想としては、やはり地道に練習していなかったから、この結果だったんだな…と反省した次第です。

来年は5分切りを目指して、キッチリ練習を継続して結果を出したいと思います。

 

参加された皆様、お疲れ様でした。

そして運営の皆様、今年もすばらしい大会をありがとうございました(。≧ω≦)ノ

また来年も参加します!!

クワガタガールズを見ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )

 

※以下大会結果の写真になります、すべてではありませんが、参考までにどうぞ。

男子30歳代

f:id:k_ushiyama:20120520223100j:plain

男子40歳代(激戦区)

f:id:k_ushiyama:20120520223131j:plain

男子50歳代

f:id:k_ushiyama:20120520223203j:plain

広告を非表示にする