読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりりん鹿児島

基本的に自転車トレーニングと覚え書きです(^-^;

鹿児島シクロクロス(仮) in 吉田に参加しました

f:id:k_ushiyama:20151227130937j:plain昨日は、クローズバイクスの川崎さんが運営しているイベント、鹿児島シクロクロス(仮)in吉田に参加しました。

https://www.facebook.com/kagoshimacx/

f:id:k_ushiyama:20151227134616j:plain

去シーズンはけっこうテクニカルなターンが連続するコースでしたが、今シーズンはシクロクロス車で速度を出す爽快感を味わって欲しい、という考えのもとに、直線基調のコースレイアウトになっています。
直線基調とはいえ、コレよく考えたなあ~と思うぐらいにテクニカルな複合ターンがあったかと思えば、気持ち良く大回りできるターンがあったりと、シクロクロス車に楽しいコースとなっていました。
聞けばUCIレースやいろいろな資料を参考に勉強し、レイアウトを熟考されたとのことです。

f:id:k_ushiyama:20151227101923j:plain前回のシケインは大きい障害が一箇所でしたが、今回は連続ジャンプのシケインも追加され、より本格的になっています。
写真はシケインの間隔が適切かどうか、実際に走って確認されている川崎さんの姿です(笑)

f:id:k_ushiyama:20151227131116j:plain

午前と午後に1回ずつ、模擬レース形式での30分レースが行われました。
午前は順周り、午後は逆回りのコースとなり、同じコースでも攻略方法が大きく変わり、2度楽しむ(苦しむ)ことができました(^-^;
それ以外の時間は、自由に練習走行ができるようになっています(^▽^)/
以下レース中の写真です~

f:id:k_ushiyama:20151227135018j:plain

f:id:k_ushiyama:20151227134539j:plain

f:id:k_ushiyama:20151227104531j:plain

f:id:k_ushiyama:20151227134914j:plain

f:id:k_ushiyama:20151227135042j:plain

f:id:k_ushiyama:20151227104249j:plain

f:id:k_ushiyama:20151227135151j:plain

f:id:k_ushiyama:20151227135205j:plain

f:id:k_ushiyama:20151227134523j:plain

自転車はシクロクロスでなくとも、MTBをはじめ、ファットバイクでも、ロードでもママチャリでも、なんでもOKのアルティメットルール(笑)
カテゴリー分けはなく、大人から子供までみんな一緒にヨーイドンです(;´▽`A``
それでも皆さんレース中は超真剣!
最後の写真は後半レースのトップ争いですが、最後まで本気の大勝負となったようです。

f:id:k_ushiyama:20151227100914j:plain

今回はDeerMagLeevの川原さんと一緒に参加しました。
チームの川原さんも、ついにシクロクロスを購入です。
実はこれ、昨年フレームだけ購入しておいた、メリダのアルミシクロクロスに、ロード用の余ったコンポと、MTB用のホイールで組んだ、ローコスト・シクロクロス車です。
Tiagraなどが一式余っていれば、こんな感じで安価にシクロ車を組むことができます(*´∇`*)

f:id:k_ushiyama:20151227140309j:plain

レースが終わってからは、参加された皆さんで談笑しつつ、コースがどのような感触だったかなど、川崎さんが詳しくヒアリングされていました。
参加する側も、運営する側も一緒に協力して行っていく、手作りのイベント感覚で、楽しいです。

そして私と川原さんは、まだまだシクロクロスの入り口付近に立っただけで、これからいろいろと勉強や練習していかないといけないなあ~と反省会でした。
今回私が感じたこととしては、
シクロクロスのレースはスタートの位置取りが大事、遠慮して後ろに並んでいると、スタート直後からあっという間に差がついてしまう

シケインMTBより軽量で担ぎやすいシクロクロスが有利、走りが同じレベルでもシケインの乗り降りでパスできるケースが多かった
・逆に急勾配のダウンヒルが多いコースだと、MTB有利。午前は山ポイントが山登り担ぎコース、午後はダウンヒルだったので、午後はMTB有利でした。
・うまくスピードを乗せたままシケインに入り、そのままの勢いでスパーンと乗車できると、超キモチイイ(笑)
・タイトコーナーでの旋回練習が必須。疲れてきてついつい前加重でタイトコーナーを曲がると、前輪が芝に食い込んでこけそうになります(;´Д`)
・30分間のレースとはいえすんごくハード。いさはやTT15kmよりよっぽどキツかった(;><)レース後半は平均心拍186bpmとか、タイムトライアル以上の強度
・減速からの加速の繰り返し、トラクションのかけ方、コーナリングの加重のかけ方など、普段ロード練習ではなかなかできないスキルを学ぶことができる
・比較的低速でのレースで、地面もアスファルトでないぶん、転んでしまったり倒れてしまったりしても、人・自転車ともにダメージが少ない。
といった感想でした。
終わった後は、もう汗だくだく。これは冬シーズンのいい練習になります(;・∀・)

f:id:k_ushiyama:20151227141017j:plain

最後に、今後の日程や大会の総評などお話があり、14時解散となりました。

朝も9時ぐらいから練習走行開始、11時レーススタートといった感じですので、比較的ゆっくり出かけられるのもいいところです。
今回は熊本や宮崎からの参加者もいらっしゃいました。

青少年研修センターは、薩摩吉田ICのすぐ近くにありますので、遠方からの参加もしやすくて良いですね。
まだまだ参加人数もカテゴリー分けできるほどではありませんが、今後、参加される方も見学応援される方も、増えていくといいなあーと思いながら、応援しております。

鹿児島シクロクロス(仮)は、今シーズンは12月~3月まで月1で開催されるとのことです。
次回は2016年1月31日(日)開催になります。
鹿児島近隣で、シクロクロスに興味があるけども、実際にコースを練習で走ってみたい!レースを体験してみたい!と考えていらっしゃる方は、ぜひご参加下さい。

詳細は鹿児島シクロクロス(仮)のFacebookページをご覧頂くか、クローズバイクスさんまでお問い合わせ下さいませ~

鹿児島シクロクロス(仮)Facebookページ

https://www.facebook.com/kagoshimacx/

CROWS BIKES

http://crowsbikes.com/index.html

広告を非表示にする