読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりりん鹿児島

基本的に自転車トレーニングと覚え書きです(^-^;

朝練クライムリピート 左右差を揃えてみるとどうか?

実走トレーニング

昨夜はあまりの疲労感に動けず、夜ローラーを漕ぎ出したものの、LT走の入りに耐えきれず、お風呂に入って轟沈でした。

パフォーマンスマネージャーは-51TSBと、9月10日にパワーメーターでPM管理し始めてから-28以上の数字がないわけですが…おそらくこれは現在のsFTPが低めにセットされているためかなーと考えてます。

とはいえmFTPも一桁差ぐらいなので、それなりに間違っていないのかもしれません。(乗鞍のタイムを考慮しても)

いまのところパワーに固執する必要もないのですが、PMとTSS管理をより厳密にやりたいので、タイミングをみて一度真面目に計測したほうがいいかもしれません。

 

前置きが長くなったところで、今朝はぐっすり寝たおかげで、ややフレッシュな状態でフォーム反復の朝練です。

1.7km 平均7% 体重66.5kg 気温24度 曇り 半袖でOK ベストタイム6分18秒(2016/08/11)

・1本目 9分58秒 10.4km/h 70rpm 177W

今朝は左右差に注意しながら、右を意識して強めにペダリングすることを心がけました。

ヒルクライム区間に到着するまでに、右の大腿骨の付け根あたりを意識しつつペダリングすると、綺麗に左右差が揃うフィーリングを得ることができました。

タイム的には、1本目はいつもより軽めに入って10分ギリギリでした。

・2本目 7分00秒 14.8km/h 76rpm 253W

2本目はビルドアップしてミドルペースで。

一部10〜12%勾配区間があり、そこはダンシングのフォーム練習も含めてオールダンシングで乗り切るのですが、今日はここで合宿時に近い感覚でダンシングすることができました。

全体的にシッティングもフォームが良かったのか、普段の2本目よりも10〜20秒程度速く登ることができていました。

これは良い傾向です。

・3本目 6分36秒 15.7km/h 78rpm 270W

3本目は全開のタイムアタックで攻めます。

しかし10%勾配をダンシングでクリアした後、疲労困憊で精神的に折れてしまい、脚をゆるめてしまいました。

合宿時にあれだけ楽にダンシング区間が抜けられたことを思うと、まだまだだなぁと感じた次第です。

タイム的にはベストの26秒落ちということで、ミドルペースをもっと洗練していけば、ミドルの負荷で、ベストタイムが出るのでは…と、帰ってからログを見て思いました。

・総評

50% 左/50% 右
バランス(左右)
83% 左/82% 右
トルク効率(左右)
28% 左/27% 右
ペダルスムーズネス(左右)
198 W
標準化パワー(NP)
0.908
Intensity Factor® (IF®)
104.2
トレーニングストレススコア

帰ってからログを見ると、アップ〜帰宅までを通して50:50のバランスが取れていましたが、これは単にパワーの左右差を揃えただけで、ペダリング動作自体の左右バランスが良くなっているわけでは、ないのですよね。

とはいえ、左右差が少ないペダリングはどうすれば実現できるのか、という動作の糸口をつかむきっかけにはなりそうです。

しばらくフォームも含めて、走りながら研究していきます。

広告を非表示にする