読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりりん鹿児島

基本的に自転車トレーニングと覚え書きです(^-^;

江口浜TTT練習 ローテーションが回らないと逆に強度が際限なく上がり続ける

チーム練,実走トレーニング

今日でついに、お盆休みをフルに使ったステージレースも最終日ということで、茶輪子練+DeerMagLeev合同練習会に参加しました。

f:id:k_ushiyama:20150816065810j:plain

深夜から降り続いた雨も、スタート時間には上がり、江口浜までアップ走して、その後TTT練習です。

この日は鈴鹿組が私1人でしたので、仮想鈴鹿組ということで、帰省されていたK玉さんと、トライアスリートM田さんの3人でチームを組み、いつもの鈴鹿組特別メニューでローテーを回して行きます。

 

しかし、練習内容の理解度の違いで、ローテーションがうまく回らず、ローテーションしているのに、風よけ効果は全く使えず、ローテーするごとにインターバルがかかり続け、一瞬も休めずにL5〜L6で走り続ける…という恐ろしい事態になってしまいました。

4本全力予定でしたが、すでに3本目前半でヘトヘトになってしまい、3本目後半で出し切り、4本目はダウンして終了でした(;´д`)ゞ


普段の鈴鹿組は何も言わずとも、お互いの動きを察知して動くことが出来る方なのですが、そこからほんの1つ手順を間違えるだけで、楽になるどころか際限なく強度が上がり続けるローテーションも可能なのだということを、知ることが出来ました(^_^;)

 

強度が上がったからといって、いい練習になるのか?というと、そうでもなく、ただ無闇に千切り合って、疲弊して終わったような質の低い練習内容になってしまい、遠くから参加して下さったK玉さんに申し訳なかったなあ…と反省することしきりでした(´・ω・`)


質の高い練習を保つためには、「言わなくても感覚的に出来るだろう」と考えず、その日の目的とする練習事項を一通り確認して明確にしてから、練習を始めることが大切なのだなと、気づきを得た練習会となりました。

江口浜TTT:55分 28.13km 30.5/47.6km/h 85/113rpm 152/184bpm 172/444w Pe46.8% 56:44 NP195w 23.3℃

広告を非表示にする