読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりりん鹿児島

基本的に自転車トレーニングと覚え書きです(^-^;

R3タイムトライアル朝練

先日の夜練後の反省会の時、U元将軍様が、「江口浜までの移動区間がちょうど鈴鹿4周と同じ距離だから、休まずにどれぐらいのアベレージがでるか、確認できるんじゃないですか?」という夏休みの宿題を残して帰省されたので、桑畑さん、K泉くん、私の3人でタイムアタックしてみることにしました。

f:id:k_ushiyama:20150814104253j:plain

早朝6時、とあるローソン集合。なにこのガチ仕様TTバイクども( ´'A'`)

しかし、集合時間になってもK泉くんが姿を見せず、電話しても出ない…。

これは寝坊の可能性が高いなあ〜、でも2人だと練習メニューを見直さないといけないし…と話をしていたら、川向こうの裏道を、こっそり走っているロードバイクの方を発見。

 

あれはもしや影の裏番T山さんでは!と桑畑さんが言うので「T山さあ〜〜〜ん、お〜い、お〜〜〜〜い」と叫んでみると、「ヤベエ奴らに見つかった(;゚д゚)」とスプリントダッシュで逃亡されたので、前後から挟み込んで無事に拉致成功(`・ω・´)ヤッタネ

T山さんは8時までに帰宅できれば良いとのことでしたので、途中までTT練にお付き合い頂けることになりました( ´ ▽ ` )ノ

 

集合場所まで軽めのアップは完了していたので、ミドルペースの入りで序盤上げていきますが、やはり長い登坂で私のみ切れてしまいます。

個人で登坂練はやっていたのですが、やはり他の方と走ると、持続性という点で問題があることがわかります。

桑畑さんから、「登りは麓から上げすぎないよう、平地の惰性で入って負荷を感じる辺りから頑張ってみて下さい、そうすれば登りが少し短くなります」というアドバイスを頂きましたので、今週末〜来週頭はそこを意識して登坂練習してみます。

 

そして平地ではメーター読み40オーバーを維持しながら、ガンガン速度を上げていきます。

しかし、この2台のガチ仕様TTバイクのペースに、DHなしロード+練習用ロープロホイール(たしかレースライト)でついてきて、しっかりローテーションを回すT山さんが脅威です(;゚д゚)
結局、妙円寺団地の手前まで一緒に走って頂き、そこでT山さんは離脱。

お付き合い頂き、ありがとうございました〜(;´д`)ゞ


さあ、ここからは思う存分ガチTTバイク同士で斬り合いできる!というわけで、天羽々斬(あめのはばきり)IGNITEシステム発動、平地50km/h巡航開始ー(・∀・)

と言いながら登坂ではまた遅れたりして、全体的に見てあまり密接にローテーションを回すことはできませんでした(´・ω・`)

後半2人になってからの注意点として、「下りの加速が早すぎるので、下りでは一度先頭に入って一呼吸おき、後ろを確認してから加速して下さい」「そして平地ではペースを落として、その分の体力を登坂に使って下さい」と、アドバイスを受けました。

海未ちゃんは、的確に良いところと悪いところを指摘してくれるので、ありがたいです( ´ ▽ ` )

 

そして、江口浜到着タイムは38分20秒で、40分切り達成です\(^O^)/ヤッター

チーム内4〜5人で出したベスト記録が43分でしたので、実質2.5人でこのタイムなら、まずまずといったところ。
というか、1年半前は、5人で60分が平均移動ペースだった事を考えると、恐ろしい速さです。

しかし、決戦仕様でこのペースでは、ちょっと厳しいかな…という桑畑さんのコメントでした。たしかにねぇ(´・ω・`)


江口蓬莱館でしばらく休憩して、帰りはミドルペースで伊集院方面を戻り、練習終了でした。

R3TTT:2時間19分 63.33km 27.4/69km/h 166/599W 80/120rpm 145/181bpm Pe49.1% 56:44 NP189W 21.4℃

 

データを見て思うのは、ペダリングモニターが復活してから、左右のペダリング差が以前より大きくなっていることです。

原因と解決策は安藤コーチに教わったので、わかってはいるのですが、現時点ではそこに割く時間がないので、8月のレースが終わってから、長期スパンで修正していこうと考えてます。

明日明後日は、あいにくの雨模様のようですが、自主練習会に参加します(。≧ω≦)ノ

広告を非表示にする