読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりりん鹿児島

基本的に自転車トレーニングと覚え書きです(^-^;

茶輪子練に出会いを求めるのは間違っているだろうか

茶輪子練 実走トレーニング

f:id:k_ushiyama:20150411151546j:plain

やっとロードバイクもきたので、土曜日茶輪子練に参加しました。

お仕事でタイムリミットがあるので、先に車で練習会場に行って、1時間ほど周回コースを単独自主練です。

すでに2月からこの周回コース練は始まっているので、2ヶ月半遅れての練習シーズンスタートということになります。

 

山田さんからは、「A班で走るように」との指示。

この日のA班は、U元将軍様を筆頭に、川原さん、彼女とラブラブで絶好調のなかっしー、桑畑さんの4人です。

うん、まさに現在の茶輪子練トップの選手ばかり。

「2ヶ月先行しているA班と、どの程度の実力差があるのか確認してみろ」という、山田さんのメッセージなのでしょう(^-^;


平地は普通についていけるものの、やはり坂に差し掛かると完全に千切れてしまいます。

バイクに慣れてないとかそういうレベルではなく、登坂能力が完全に無くなってます。

さらにその後ろから、B班にも抜かれてしまい、KONOZAMA状態でした。

走りを見た感じ、A班とB班の実力差はなく、どちらに配属されても地獄だなと思いました。

感触としては、平地と下りは問題ないので、登坂のローテーションペースについていけるようにする必要があると、感じました。

来週で3ヶ月におよぶ体幹トレーニングメニューも終わるので、4月は増えすぎた脂肪を落として、登坂強度に慣れる練習をやります。

おおよそ想像していた弱点が見えましたので、練習会に参加して良かったです。


茶輪子練:1時間41分 43.39km  26/65km/h 81/160rpm 148/192bpm 12.6℃

広告を非表示にする