読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりりん鹿児島

基本的に自転車トレーニングと覚え書きです(^-^;

鹿児島シクロクロス(仮)に参加しました

今日はHSR九州サイクルロードレースの日だったのですが、いまだロードバイクが手元にありませんのでノーエントリーでした。

この日は茶輪子練もお休みでしたので、以前から気になっていた鹿児島シクロクロス(仮)に参加しました。


関西や関東では、ロードバイクのオフトレとして盛り上がっているシクロクロスですが、地方ではあまり認知度がないためか、知る人ぞ知る競技となっています。

昨年からCROWS BIKESの川崎店長が中心となって、鹿児島でシクロクロスの大会をやってみたい!という方が集まり、練習会や模擬レースが継続して開催されています。

f:id:k_ushiyama:20150322192608j:plain

この日のレースは薩摩吉田IC近くにあります、鹿児島青少年研修センターのスポーツ研修ゾーンにて行われました。

レース時間外でしたら、コース試走・練習もできるとのことで、本格的なシクロクロスのコース練習と、レース見学がてら自走で出かけました。

会場に到着すると「牛山さん、バイクがあるならレース出ますよね?」の一言で、レースにもエントリー決定となりました(^_^;)


10時半から試走が開始され、川崎さんが早朝からレイアウトされたコースを試走しました。

実はオフロードなコースを、シクロクロスで走るのは初めてです(・∀・)

f:id:k_ushiyama:20150322193234j:plain

コースはS字やクランクなど、かなりバラエティに富んだテクニカルなコースとなっており、スポーツ研修ゾーンをぐるっと1周するレイアウトになっていました。

このコースを考るのも作るのも大変だろうなあ…と思いながらも、バイクコントロール練習をしていなかったため、タイトコーナーでおっとっと〜となりながら試走を繰り返します。
周回を繰り返すごとに、だんだん慣れてきて、重心移動のコツが少しつかめてきました。

しかしオフロード走行の基礎知識が全くないため、かなり我流での走りとなりました。

f:id:k_ushiyama:20150322191356j:plain

そして11時40分から模擬レースがスタート。

レース参加者は24名ほどで、クラス分けはなく、MTBシクロクロスも大人も子供もみんな一緒になって走ります。

ビデオ撮影は見学に来ていた川原さんにお願いしました( ´ ▽ ` )ノ

f:id:k_ushiyama:20150322191358j:plain

シクロクロスなので、もちろんシケイン(障害板)も用意されています。
上級者はダダダッと連続ジャンプしますが、ほとんどの方がよっこいしょ!と乗り越えていく感じです(笑)
もちろん私もよっこいしょ!組です(^_^;)

f:id:k_ushiyama:20150322191413j:plain

広場にレイアウトされたテクニカルコースを抜け、連絡通路を利用した周回コースへと突入します。

写真でポーズを決めているのは、自称問題児のエスポワールアジアT崎くんです。
彼はMTBプロフェッショナルなので、段差で凄まじいジャンプやトリックを決めていました(^_^;)

f:id:k_ushiyama:20150322191412j:plain

小学生や中学生の子供も一緒に走りますので、親子で楽しむのもいいですね(´∀`)

f:id:k_ushiyama:20150322191400j:plain

そこからサッカーコートの周辺を迂回するように走り、通常なら階段を歩いて上るような急坂へと突入。
そんな坂でもトップ争いレベルの方は、バイクに乗ったままクリアしていきます。

f:id:k_ushiyama:20150322191406j:plain

もちろんシクロクロスならではの担ぎでクリアしたり、押したりしてもOK!
レースになるとみんな必死なので、担ぎポイントでもすごいバトルが繰り広げられていました(^_^;)

f:id:k_ushiyama:20150322191402j:plain

セカンドウインドのととろさんも、バイクに乗ったままクリアしていました。

どうやら11−28のカセットを使うのが正解だそうで…36×12−25ではバイクに乗ったままクリアするのは、厳しかったです。゚(。ノωヽ。)゚。

f:id:k_ushiyama:20150322191408j:plain

そこからは狭くて緩い下り坂を一気に下って、スタート地点の駐車場に戻ってきます。

このポイントは、周回を重ねるほどに泥の部分が露出して深いわだちができてしまい、ハンドルを取られてちょっと怖かったです。
後半になるとコースコンディションが変化するのも、オフロードならではですね。

f:id:k_ushiyama:20150322191410j:plain

セカンドウインドのととろさんと一騎打ちのシーンですが、やはり相手のほうが経験値が上で、コーナーとシケインでガンガン離されていきました。
レース後に「手を抜きすぎですよ」と言われましたが、初めて走ったのでこんなものです(^_^;)

そんなこんなで30分のレース時間が過ぎ、順位はよくわかりませんが、無事フィニッシュすることができました。

シクロクロス模擬レースは、集団がばらけすぎて、自分の位置がどのあたりかわからず、今ひとつ盛り上がりに欠けた感がありましたが、経験者の方の走りや、お子さんのライディングの上手さなど、いろいろな面を見ることができ、楽しいレースとなりました。

 

この鹿児島シクロクロス(仮)は、現在はクローズバイクスの川崎店長が主催されていますが、どのショップの方でも気軽に参加できる練習会&レースとなっています。
鹿児島でもシクロクロスができないかなー?と考えていらっしゃる方は、ぜひクローズバイクスさんに問い合わせされてみて下さい。

http://crowsbikes.com


夏以降は、独立して鹿児島シクロクロス運営が立ち上がり、今期のオフシーズン以降は、3戦ほどのレースが予定されているそうです。
まだまだ鹿児島での競技人口は少ないですが、少しずつ継続していくことで、必ず人口が増えていく競技だと思っています。
鹿児島だけでなく、隣県でシクロクロスに興味がある方も、ぜひ参加されてみて下さい( ´ ▽ ` )ノ

広告を非表示にする