読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりりん鹿児島

基本的に自転車トレーニングと覚え書きです(^-^;

第2回HSR九州サイクルロードレース6時間耐久に参加しました 後半の部

というわけで、HSR九州6時間耐久、後半の部です(*^ー゜)

f:id:k_ushiyama:20141203181942j:plain

12時を過ぎると雨脚がどんどん強くなり、ついには冷たい土砂降りの雨となりました。

コースは水たまりができ、ピットには川が流れるほどの雨量。

昨年の第1回大会では、最後まで維持されていた集団も、この過酷なコンディションのためか、周回を重ねるごとに少しずつ小さくなっていき、ついには集団が無くなってしまいました。

そんな中、女子中学生トライアスリートのM場ちゃんが、雨の中、凄まじい集中力で、大人顔負けの激走を見せます。

さすがいさはやTT20km女子優勝者、走りの意識がプロと見まごうレベルです(^_^;

その様子はお父様のFacebook投稿でどうぞ( ´ ▽ ` )ノ

 

f:id:k_ushiyama:20141130142348j:plain

そしていよいよ最終走者、U元将軍、桑畑さん、S嶋くんのアップが始まります。

f:id:k_ushiyama:20141130142402j:plain

全員が無言で、ひたすら真剣にアップに集中しています。

こんな緊張した瞬間も、多人数での耐久レースの醍醐味です。

f:id:k_ushiyama:20141130154355j:plain

そして、各チームがピットインし、次々と最後の選手にバトンタッチしていきます。

M場ちゃんが頑張って繋げてくれたおかげで、最後まで入賞圏内を維持していたDeerMagLeev赤影でしたが、S嶋くんがそれに応えるように鬼人のTT走りを見せ、集団走行レベルのタイムで、ベストラップを重ねていきます。

f:id:k_ushiyama:20141130154628j:plain

DeerMagLeev青影、最終走者の桑畑さんも、小さくなった集団をつなぎながら、力走を見せます。
前回大会で6時間ソロで走りきったエスポワールアジアのM尾さんも、今回はチームで出走されていました。

f:id:k_ushiyama:20141130154147j:plain

我らがU元将軍様も、普段のパワーを発揮しながら、プチ集団をどんどん抜いて、単独TTで走り続けます。
それにしても、表情が余裕すぎます(笑)

f:id:k_ushiyama:20141203202405j:plain

ラスト12分となり、事務局のラップ掲示板を確認に行くと、赤影と青影は入賞圏内!
そして、白影は1ラップ差がついていたのですが、U元将軍様の走りによって、あっという間に青影の同周回に迫っていました。
しかしチーム内トップの赤影も、3位とは1ラップ差!
この時間での逆転は難しいかな?と思いつつ、S嶋くんはハイペースで走り続けます。

そして16時ちょうどにタイムアップ!
去年は最終スプリント勝負でしたが、今回はバラバラでのゴールとなり、展開が読みにくいレースとなりました。

f:id:k_ushiyama:20141130163206j:plain結果は、DeerMagLeev赤影が4位、DeerMagLeev青影が6位入賞となり、2チームを表彰台に立たせることができました!
残念ながらDeerMagLeev白影は7位になり、写真撮影班となりました(^_^;

f:id:k_ushiyama:20141130163041j:plain

鹿児島のトライアスリートを中心に構成された、DeerMagLeev赤影の皆さん。
ベテランになったT山さん、初レースのT木さん、表彰台から写真を撮ってる141さんと、個性豊かなチームでした( ´ ▽ ` )ノ

f:id:k_ushiyama:20141130163108j:plain

そして、茶輪子練の20代選手で構成された、DeerMagLeev青影の皆さん。
約1名50代のH田さんが混じってますが、気持ちは間違いなく20代です(笑)
レース初出場のY下くんでしたが、普段の練習では見られない、素晴らしい意欲的な力走を見せ、全員一致で今回のチーム内MVP獲得でした。
また、F元くんも、レースの表彰台は初体験です。


今回のレースに参加することで、レースの面白さに目覚めた方が、数名いらっしゃいました。
確実に勝つもりならば、トップレベルの選手を1チームに集中させればいいのですが、あえて平均的に振り分けているのは、「練習会に参加している、全ての選手に表彰台を体験して欲しい」という、山田さんの想いが込められています。


自転車のレースでは、競技人生のうち、なかなか表彰台は体験できないものです。
ベテランが初心者の方をサポートし、チーム一丸となって、実力以上の力を発揮することで、やり遂げた結果がここにあると、思います。

f:id:k_ushiyama:20141203204629j:plain

最後に、HSR九州の表彰台の前で記念撮影。
皆さん充実した、いい笑顔です(*^m^*)

今年のHSR九州6時間耐久レースも、みんなで協力して走って、応援して、笑って、状況に応じた戦略を練り、幾多のトラブルを乗り越え、まるで学生時代の運動会のようなノリで楽しむことができました。

これもまた、ロードレースの一つの楽しみ方だと感じました。

一つ残念だったのは、普段のエリートやチャレンジに出ているチームの皆さんが、6時間耐久になると、あまり参加が見られない点でした。
せっかくシーズン最後のレースですし、気が知れたレース仲間や、練習会でまだ慣れない初心者の方も引き込んで、多人数でワイワイと楽しめば、もっと面白くなるのになーと思います( ´ ▽ ` )

HSR九州ロードレース運営の皆様、今年も素晴らしいレースをありがとうございました。

また、今回の段取りをされたサイトウ総監督、快く参加を快諾して下さったM場ちゃんとお父様、TeamAthleteM之前選手とご家族の皆さん、機材や補給食をサポートして下さった茶輪子さん、メカニックとして頑張ってくれた小泉くん、参加された練習会の皆様、本当にありがとうございました!
来年もまた、みんなでレースを楽しみましょう(^_-)-☆

【チームリザルト】

団体4位 DeerMagLeev赤影 91LAP 6:00:31.555 +2LAP BL3:24.623
団体6位 DeerMagLeev青影 89LAP 6:00:29.823 +4LAP BL3:25.431
団体7位 DeerMagLeev白影 89LAP 6:02:47.270 +4LAP BL3:25.603


【公式リザルト】

http://www.hsr.jp/rainbow/motor/2014/11/hsr_2.html


【HSR九州サイクルロードレースWebサイト】
HSR九州サイクルロードレース |CIRCUIT COURSE|HONDA SAFETY & RIDING PLAZA Kyushu/交通教育センター レインボー熊本

広告を非表示にする