のりりん鹿児島

基本的に自転車トレーニングと覚え書きです(^-^;

【茶輪子練】シマノ鈴鹿最終対策チームTT練 最強の先輩、襲来

f:id:k_ushiyama:20140820072733j:plain

日曜日は、シマノ鈴鹿直前の最終対策練習ということで、茶輪子さんの練習会にフルで参加しました。

チームTTのメンバーも(寝坊したN島くんを除いて)揃いましたので、本番での”い組”と”ろ組”の2チームに分けての練習です。

そしてこの日は、茶輪子練の先輩でもある、Team AthleteのK玉選手が、福岡からゲスト参加して下さいました。

行きは、小泉くん、S嶋くん、仮想N島くんの141さん、私の4名でTTT。

赤十字病院からの区間速度を測ってみると、21kmの距離を37.6km/h平均と、ほど良いペースで移動できました。

 

指宿の公園についてからは、もがき練習です。

TTバイクはすでに梱包してしまっていたので、久しぶりにパワーメーターのついているロードで参加したのですが、もがき時のピークパワーが968Wにアップしていて、自分でも驚きました。

昨年まではよくて860Wぐらいでしたので、100Wほどパワーが上がっており、それが1秒の瞬間パワーではなく、10秒維持できるようになっています。

筋力アップというよりは、体の使い方でパワー伝達力が上がっているのではないかと思います。

また、それを維持できる時間が増えているのは、もがき練の効果だと感じました。

 

そして、もがき練習が終わったところで、SGX-CA500が痛恨の電池切れ。

Wi-Fiログアップばかり繰り返していたので、USBに接続する機会がなく、充電を忘れていたのでした。

TTT行き+もがき:1時間23分 43km 30.8/50.2km/h 81/129rpm 148/178bpm 968/163W Pe52.7% 23.9℃ TSS100

 

f:id:k_ushiyama:20140820075414j:plain

帰りはチーム構成が変更になり、S嶋くんがC班に移動し、C班を牽引していたK玉さんが”ろ組”に編入することになりました。

普段の帰りは少しペースを落として走るのですが、いつもよりえらく平均速度速いなーと感じていたところ、小泉くんのメーターでは序盤から45km/h越えが頻発するほどの、ハイペースだったそうです。
 

私はK玉さんのすぐ後ろについていたのですが、見るからに走りのランクが違います。

ペダリングが恐ろしくスムーズかつパワフルで、体幹がぶれずに腰で踏んでいる様子がよくわかり、そしてペースが安定していて速い!

ローテーションもK玉さんが1人入っただけで、ピシッとした動きで無駄がなくなり、キツイと感じながらも、ギリギリの領域で平均速度が上がっていく感覚でした。

ついには数分先行していた”い組”をあっさりパスし、最後まで高速アベレージを保った走りを維持することができました。


そして、速度アベレージ維持区間の最後で、後ろから「ゴグォアドシャァァアーーー!」というような、おおよそ自転車とは思えない轟音がしたなと思い、横を向いた瞬間…! 

K玉さんが凄まじいスプリントで追い抜き、あっという間に見えなくなってしまいました。 

40km/hで走っている状態から、あの速度と瞬発力で捲られてしまうとは…(;゚д゚)

141さんも気づいた瞬間に追い始めていますが、あれだけの勢いで後ろからスプリントされると、追いつくのは不可能です(; ̄O ̄)

動画でみると少しマイルドに見えますが、リアルで見た人間にとっては、ほんとに一瞬の出来事で、ありえないまでの迫力でした。

今までいろいろなレースに出場してきましたが、こんなに次元の違う走りを目の当たりにしたのは初めてでした。

これが実業団選手の走りなのか…!と、今まで自分達がやってきた練習での走りが、ままごとのように見えるレベルに感じました。

その後、マリンポートまでダウンしながら走っていると、141さんから、「以前A班で出したベストタイムより、1分以上速いです!」と言われ、小泉くんからは「普段よりローテーションがすごく上手く回ってましたよねー」との感想が出ていました。

4人の中に、わずか1人レベルの高い方が入っただけで、これだけチーム全体のレベルも引き上げられるのだと、驚きでした。

K玉選手単独の走りを見るだけでなく、チームローテーションの走りも実際に体験でき、たいへん刺激を受けた練習会となりました。
こんな機会はなかなかありませんので、”い組”にも混じって走って頂きたかったです(;´▽`A``

K玉選手、遠方からありがとうございました!

また帰省の機会がありましたら、ぜひご指導のほど宜しくお願いします(^▽^)/

広告を非表示にする