読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりりん鹿児島

基本的に自転車トレーニングと覚え書きです(^-^;

1/25【茶輪子練】20分でも練習に参加する意義

f:id:k_ushiyama:20140125105231j:plain

今朝はお仕事前に、茶輪子さんの練習会に参加しました。

マリンポートかごしま駐車場に、6時45分集合です。

この日は初めましての方も含めて、13名が参加です。

フルに練習できる班と、初心者班の2チームに分かれての練習となりました。

 

私は途中離脱組なので、初心者班のほうに配属されました( ̄^ ̄ゞ 

初心者班のほうは、S嶋くんがキャプテンとなり、牽引しながら指導して下さいます。

この日、BMCに乗る初心者の方の後ろを走っていたのですが、信号待ちからの再スタートでSPD-SLがなかなかはまらない様子をみて、ううっ、初々しい…と、ロードに乗り始めた頃の自分を思い出して、ほほえましく思ってしまうのでした(^-^;

その初心者の方は、ペダリングはまだ荒々しい感じですが、速度が非常に安定していて、集団にスムーズについていけており、手信号もふらつかずにスッと出せるバランスを持っていらっしゃいましたので、身体能力やバランス感覚が優れた方なのではないかなーと感じました。

M渕さん、BMCは良い乗り手に受け継がれましたよ(笑)

 

私のほうは、お仕事の都合上、20分ほどで離脱でした。

チーム練:35分39秒 13.3km 117/474W 74rpm 22.5km/h 131/164bpm Pe45.4% 5.8℃

20分程度の練習では意味ないでしょ?と言われそうですが、以前、経営者勉強会でどなたかから「少ししか居られないからと最初から諦めて休んでしまうより、たとえ5分でも勉強会に出席して学ぶことが大事」と、正確には思い出せないのですが、そのような意味の言葉をお聞きしたことがあります。

それは、練習会もあてはまると思います。

ほんの20分程度しか一緒に走ることができなくとも、まったくのゼロよりは遙かに意義があります。

そして、その20分の積み重ねが次のステップに繋がっていくのだと考えます。

--

今自分にできること。

頑張ればできそうなこと。

 

そういうことを積み重ねていかないと、

遠くの大きな目標は近づいてこない

 

          (イチロー

 

小さいことを積み重ねるのが、

とんでもないところへ行く

ただひとつの道だと思っています

 

          (イチロー

--

私と同い年のイチローも、こうおっしゃってますしね( '∇^*)^☆

広告を非表示にする