読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりりん鹿児島

基本的に自転車トレーニングと覚え書きです(^-^;

パイオニアペダリングモニターを購入しました【4.SGX-CA900のパワースパイクを修正する方法】

パイオニアペダリングモニター 機材

■SGX-CA900のパワースパイクを修正する方法

1月にLSDライドした時のSGX-CA900のデータを、シクロスフィアに取り込んでみると、瞬間的にパワータップが異常数値を出してしまったようで、MMPグラフがとんでもないことになってしまいました。

f:id:k_ushiyama:20140121174354j:plain

SGX-CA900は、ペダリングモニターのペダリングパワーと、パワータップなどのANT+のパワーを、同時にロギングすることができます。

黒線の「ペダリングパワー」がペダリングモニターのパワーカーブ

紫線の「パワー」がパワータップPRO+のパワーカーブです。

f:id:k_ushiyama:20140121174529j:plain

データを確認してみると、最大パワー2814Wを記録していました。

GoldenCheetahですと、エディタから簡単に除去できるのですが、シクロスフィアにはその機能がありませんので、なんとかデータを修正できないかと思い、いろいろ試してみました。

f:id:k_ushiyama:20140121174802j:plain

まずはシクロスフィアから、該当FITファイルをダウンロードして、FIT→CSVに変換を行い、Excelで修正を試みました。

しかしシクロスフィアにFITファイルを再アップロードしてみると、ペダリングモニター独自の数値データが軒並み削除されてしまっていました。

どうやら、シクロスフィアからFITファイルでダウンロードした時点で、パイオニアペダリングモニター独自のパラメータ(ペダリング効率など)は、全て削除され、基本的な数字のみ残る仕様のようです。

f:id:k_ushiyama:20140121175149j:plain

というわけで、直接SGX-CA900内部のログデータを修正することにしました。

生データ状態のログファイルは、".db"という拡張子になっています。

いろいろ調べてみると、SQLiteというデーターベースファイルのようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/SQLite

f:id:k_ushiyama:20140121180118j:plain

WindowsフリーソフトSQLite Database Browserで、.dbファイルを開くことができます。

http://www.forest.impress.co.jp/library/software/sqldbbrowser/

f:id:k_ushiyama:20140121180157j:plain

Browse Dataタブを開き、Table:タブで「antpower」を選び、横にある虫眼鏡アイコンをクリックすると、指定数値を検索することができます。

4460のrecord idのところに、2814の文字列が見つかりました。

ちなみに、上の4459には、10050というとてつもない数字も記録されていますが、上限値を超えているためか、ログには反映されないようです。

f:id:k_ushiyama:20140121180129j:plain

エディット機能もついていますので、該当の数字を0にして、Apply Changesを選択します。

あとは保存して完了です。

f:id:k_ushiyama:20140121180410j:plain

該当ファイルを、シクロスフィアのアップロード機能を使って、再度アップロードします。

f:id:k_ushiyama:20140121180506j:plain

無事にペダリングモニター独自のパラメータを維持しながら、パワースパイクを除去することができました。

このような異常数値を、パワータップが記録してしまう事はまれなのですが、放置しているとMMPグラフがすごいことになってしまいますので、どうしても気になる私のような方は、自己責任で修正されてみて下さい。

 

【巻末のおまけ】

先ほどのログに基づいた、パイオニアペダリングモニターと、パワータップPRO+の同条件でのMMPグラフの違いです。

15sec以上になると微妙に違いが出てきますが、ほぼ同じ数値を出していると考えても良さそうです。

f:id:k_ushiyama:20140122125028p:plain