読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりりん鹿児島

基本的に自転車トレーニングと覚え書きです(^-^;

いさはやTT2013 チームTT3位入賞!

日曜日、茶輪子練のみなさんと一緒に、長崎の諫早干拓地で行われた、いさはやTTに出場しました。

http://www.go-viking.com/autumnevent/index.html

学生さんが多いので、土曜日の深夜0時に鹿児島を出発して、5時に諫早干拓に到着。

天気は生憎の雨でしたが、気温も暖かく、諫早干拓の強風も奇跡的に静かでした。

今回のメンバーは、T澤くん、S島くん、T山さん、桑畑さん、私です。

そして、サポート兼メカニック兼レース見学ということで、小泉くんが同行してくれました。

f:id:k_ushiyama:20131107062935j:plain

日よけに持ってきたタープでしたが、S島くんのタープと連結することで、雨避けの簡易ピットスペースになり、快適に過ごすことができました。

その中でバタバタと準備をしていたら、あっという間に試走終了の7時50分になってしまい、私は結局、試走出来ずじまいでした(^_^;)

いさはやが初めての皆さんは、滑り込みで試走に行かれたようで、良かったです。

f:id:k_ushiyama:20131107064717j:plain

決戦バイクは、先週の日曜日の練習と全く同じ、メテオスピードTT仕様です。

クリップオンのDHバーと、のむラボホイール3号以外は、特になんの捻りもありません(^_^;

 

8時の開会式が終了して、8時半には20kmTTがスタートになります。

20kmは、T澤くん、S島くん、T山さん、私の4名が出走です。

雨の影響でDNSも多く、順番がどんどん回ってくるので早めに集合お願いします!とのことでしたが、西村さんと談笑しながらアップしていたら、いつのまにか順番が過ぎていました(^◇^;)

f:id:k_ushiyama:20131107153258j:plain

遅刻者は最後に回され、いよいよ20kmTTのスタートです。

写真は、動画撮影用のカメラから切り出した、スタート台からの風景です。

「最初に3回深呼吸するといいですよ!」

と小泉くんに言われていたので、深呼吸していたらスタートの合図を聞き逃してしまい、スタートが2秒ぐらい遅れてしまいました(笑)

TTのスタートは、誰もが全開で走りたくなりますが、じっと我慢のスタート。

のむラボホイール3号を、サイクリングを走り始めるぐらいの力で、じっくりじっくり回転に乗せていきます。

1コーナーが見え始めるぐらいで、トップスピードに乗るぐらいのゆっくりスタートです。

去年は全力ダンシングでスタートしてしまったので、今年は落ち着いていいスタートを切ることができました。

f:id:k_ushiyama:20131107065554j:plain

※いさはやTT公式Facebookより、館正剛様撮影。ありがとうございますm(__)m

1コーナーを過ぎた後は追い風区間、まわりで気づいている方は少なかったようですが、海側からまっすぐ陸に向かって微風が吹いていました。

ホームストレートと、1〜2コーナー間は追い風区間、2〜3、3〜4コーナー間は向かい風区間でしたので、ホームストレートと1〜2で、どれだけ平均速度を稼ぐか…というところになってきます。

向かい風区間は、じっと我慢の子です。

今回はパワーメーターなしのホイールでしたので、平均速度と現在速度のみを見てペーシングしました。

失敗だったのは、心拍を表示させていた事で、191bpmまで上がっているのを見ると、少し心拍を下げてもいいかも…という気持ちになっていたので、次回は表示させないようにします(^-^;

f:id:k_ushiyama:20131107154120j:plain

1周目はなんとか平均40km/hをクリアしたものの、2周目の第3コーナーで痛恨のコーナリングミス。

クランクになっている部分の立ち上がりラインをミスコースしてしまい、速度が28km/hまで落ち込んでしまいました。

そういえば、かもめチャンスで、TTはいかにミスを最小にできるかどうかで勝敗が決まる、と書いてあったなあーと、走りながら余計な事を考え始めます(´・ω・`)

最後の4コーナークランクは1周目よりも速度を上げて突っ込み、最後の追い風ホームストレートに突入。

f:id:k_ushiyama:20131107154525j:plain

去年は、ここで早くスプリントしすぎて垂れてしまったので、ゴール前のパイロン100m手前ぐらいから、DHバーポジションのままスプリント開始です。

今考えてみれば、下ハンがあるのだから、追い風を利用して下ハンでダンシングしたほうが速度が出たかも…と思ってみたりもしましたが、もう脳内に酸素が回っておらず、そこまで考えが回りませんでした(^◇^;)

思いっきり四頭筋を使う前乗りポジションに移行して、DHバーポジションのままのスプリントでゴールです!

f:id:k_ushiyama:20131107071328p:plain

結果は、出走42人中なんと11位!ヽ(^◇^*)/ ワーイ

平均速度は39.1km/h、タイムも30分3秒と、昨年の記録を大幅更新です。

昨年比で、タイムは4分11秒短縮、平均速度34.4→39.1km/hと、4.7km/hもアップしていました。

1周目と2周目のタイムも、差がほとんどない事から、パワーメーターなしのペーシングも上手くいっていたようです。

惜しむらくは、10位の選手との差が1秒だった…ということでしょうか(ノд-。)クスン

f:id:k_ushiyama:20131107072416p:plain

ちなみに昨年は、59人中53位という、ビリから数えた方が早い、惨憺たる結果でした(;´д`)…

ここ半年参加している茶輪子練のおかげで、いつのまにかこんなに速くなっていた事に、自分でもびっくりでした(^◇^;)

f:id:k_ushiyama:20131104082810j:plain

結果発表の後、みんなの分の記録証を、T澤くんがまとめて貰ってきてくれました。

それを見ると、30~39歳男子では、なんと2位!Σ(゚∀゚;) 

「ええっ、じゃあ1位は誰なんだろう…」と言っていると、それはもちろん松永さんでしょ(笑)と、思いっきり小泉くんに突っ込まれました(;´▽`A``

 

そして、茶輪子練から20kmTTに出走した方の結果はというと…。

f:id:k_ushiyama:20131107073357j:plain

S島くんが6位!

f:id:k_ushiyama:20131107073331j:plain

T澤くんが9位!

f:id:k_ushiyama:20131107172120j:plain

そしてT山さんが27位!(すでに伏せ字の意味なし)と、九州の猛者が集まるTT大会で、上位に入っておりました( ´ ▽ ` )ノ

また、1位は無敵の松永さん、5位にZEN・ら・会の比良さんが入り、昨年と比べると、上位に鹿児島県勢が多くなっている事も嬉しかったです。

久しぶりにお会いした熊本のケントくんは、風邪で1週間寝込んでいたそうですが、4位に入っていて、さすがと思いました。

ケントくんのお父さんとも、機材トークができて、楽しかったです(笑)

f:id:k_ushiyama:20131107074027j:plain

そして50kmTTでは、桑畑さんが53人中20位となりました。

本人は結果を見て、目標タイムより5分遅かった…と書いていましたが、たしかに普段の桑畑さんなら、もっといいタイムが出ていたはずです。

アップ不足や、50kmのペーシングの難しさなど、今回のレースで実際に経験できたので、来年はその経験をもとに、今年を大きく上回る結果が出ると思います。

f:id:k_ushiyama:20131103144003j:plain

最後のチームTTでは、S島くん、T澤くん、T山さんの3人がチームDeerMagLeev(ディアマグリーブ)で出走。

「ここで俺らが入賞しないと、山田さんになんと言えば…」と、いつになく3人とも無口で表情が超真剣、雰囲気が普段とまったく違いました(^◇^;)

f:id:k_ushiyama:20131103144040j:plain

スタート直後、T澤くんがクリートキャッチミスで出遅れますが、その辺りはさすが普段の練習でいつもやっている事だけあって、S島くんがペースを落として待ち、サッとT澤くんを吸収して3人で走り始めます。

実はそのS島くんは、クリートが半分しかはまっていなかったらしく、コース半分まではクリートがはまらないまま、43km/h平均で牽いていたらしいです(笑)

f:id:k_ushiyama:20131107080115j:plain

最後のゴールスプリント!すっかりバラバラになってますがな(;・∀・)

ラストの直線で、ばらけてしまったようです。

きちんと最後までトレインを組んでいれば、もうちょっと良かったかもしれませんね。

とりあえずこの写真で、久仁子さんに怒られて下さい(笑)

f:id:k_ushiyama:20131103154717j:plain

そんな多くのトラブルに対応しつつ走った結果、なんと鹿児島最強のセカンドウィンドさんに次ぐ3位入賞!♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!

f:id:k_ushiyama:20131107164838j:plain

タイム差も1位から31秒、2位から18秒ビハインドと、かなりいいところまで行っていました。

生粋のTTバイクに乗るチームに、クリップオンDHバーのロードバイクで挑んでこの結果ですので、立派です。

九州の強豪チームにも負けないレベルまで来ていることがわかり、来年へ向けての手応えを感じることができました(*^▽^*)

えーと、EspoirAsiaのみがDNSなのは、触れないでおいて下さい...( = =) 

 

予定よりも2時間ほど早く競技終了し、帰りはみんなで諫早の温泉に行きました。

温泉では、みんな興奮気味に今回のレース内容を振り返り、楽しく露天風呂でだべって、食べて、諫早を満喫してからの帰宅となりました。

帰りの車内で、T澤くんが電話で山田さんに結果報告をしたところ、「だいだい予想通り」だったそうです(^-^;

深夜の高速をひた走り、23時頃に鹿児島北ICまで戻ってきました。

その後、一人一人を送って、最後のT澤くんを見送ったところで、ちょうど0時でした。

24時間で、鹿児島→諫早→レース→諫早→鹿児島のスペシャル強行軍でしたが、睡眠時間1時間しかとれなかった私も、良い結果が出て、とても満足の大会でした。

大会関係者の皆様、参加された皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。

また研鑽を積んで、来年もいさはやTTにチャレンジしますので、宜しくお願いしますm(_ _"m)ペコリ

 

↓ちなみに、昨年2012年大会のレポートはこちらですので、興味のある方は読んでみて下さいませ(^▽^)/

いさはやTTレポート スタート前まで

http://nk.hateblo.jp/entry/2012/11/10/124942

いさはやTTレポート レース編

http://nk.hateblo.jp/entry/2012/11/11/195206

広告を非表示にする