読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりりん鹿児島

基本的に自転車トレーニングと覚え書きです(^-^;

のむラボさんにホイール組み依頼:自転車重量計測用デジタルスケール

機材

いつも専門的なホイール組みネタが飛び交いつつ、その間を蟹工船ビームやエヘン虫さんが飛び交うカオスなブログで評判の、自転車工房のむラボさんに、ホイール組みを依頼しました。

http://pass13.blog.fc2.com/

 

今回、手組みホイールを依頼させて頂いたきっかけなのですが…。

2年前に吊しの完組みで購入した、パワータップPRO+(DTのR450リム)のホイールが鉄下駄状態でしたので、一人で練習するための負荷装置としては良いのですが、チーム練には不向きでした。

なので、少しでも良いリムとスポークに交換したいのですが、パワータップなのでホイールの縛りが…と考えていたところ、のむラボさんでは、ハブ持ち込みで手組みホイールを組んで頂けるとのこと。

噂の”のむラボホイール”にも興味があったので、お願いすることにしました(^▽^)/

 

f:id:k_ushiyama:20130217165920j:plain

日曜日の練習から帰ってきてから、リムとスポークを大急ぎでバラします。

実は初めて自転車のホイールを分解したのですが、なるほどねーという構造でした。

いつか自分でリムを購入して、手組みしてみるのも面白そうです(´∀`*)

 

f:id:k_ushiyama:20130217163230j:plain

ちなみに、パワータップの吊しのDTホイールの重量は、リムテープ込みで1200g。

チューブとタイヤを合わせると、1500gを超えていました(^-^;

 

パワータップPRO+(2010年モデル)32Hのハブ単体重量は、実測480g。

ちなみに、DTリムのR450の数字部分は、そのリムの重量を表しているそうです。

本体1200g-(リム450g+ハブ480g)=スポークニップル270g(リムテープを除けば250gぐらい?)となりそうな計算です。

 

部品の重量計測後、ハブのみを梱包して、クロネコさんに連れられてパワータップのハブは大阪に旅立っていきました。

ホイールの完成が楽しみです(*´∇`*)

 

ちなみに、写真のデジタルスケールは、旅行用のスーツケースの重量超過を調べるための、携帯用デジタルスケールです。

これがまた自転車用に超便利。

ホイールやチューブ、パーツをぶさらげて重量を量ることができるのはもちろん、自転車本体もそのまま持ち上げて計測可能です。

携帯できるので、レースの現場等にも持ち込んで計測することもできます。

 

g/oz/lb/kg単位表示切替、0点校正、計測重量ホールド機能など、考え得る機能はほぼついており、ブルーバックライトのおかげで、薄暗い場所でも文字が見やすいです。

2年ほど使用していますが、いまだに故障していませんので、耐久性もあると思います。

しかもこれがamazonで662円という、超破格値です(笑)

キッチン用の置き型デジタルスケールでは計測しにくいパーツ用に、一つそろえておくと便利ですよ(o^∇^o)ノ

 

最近出てきたベルト式はこちら。

ちなみに、私が持ってるフック式はこちらです。

今買うなら、ベルト式のほうが、フレームに傷もつかないので良いかもしれません。

フック式は、ホイールやチューブ等、バックルをかけなくても、引っかけるだけで計測できるというメリットがありますので、お好みで選んで下さい(・∀・)ノ

広告を非表示にする